【裁判例が語る安全衛生最新事情】第190回 佃運輸事件 喧嘩・暴行と業務執行との関連性 神戸地裁姫路支部平成23年3月11日判決

2013.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 原告(反訴被告)Xと被告(反訴原告)Yは、いずれも運輸会社である反訴被告Z社の従業員であり、加古川営業所に所属し、Xは運行管理係であり、Yはタンクローリーの運転手である。

 平成21年4月17日、午前9時過ぎ頃、営業所内において、YはXの上司で配車責任者であるAに対し、配車に関して抗議したところ、Yと側にいたXが口論となり、互いに相手の胸ぐらを掴んだが、Aがこれを制止したので、いったんは収まった(第一の暴行)。

 その後、駐車場に駐車されていた大型トレーラーの前で、XとYとは口論になり、その後つかみ合いとなり、XがYの足を引っかけるかたちになってYは転倒した。Yが立ち上がったところ、XはYの胸を突いた(第二の暴行)。さらに、Xは、午前10時過ぎ頃、Yが持っている缶コーヒーを手で払った(第三の暴行)。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月1日第2199号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ