【産業カウンセリングの現場から】第141回 「電通の過労自殺事案」にインパクト

2017.06.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「送検」で関心引く

中山労務安全衛生管理事務所 中山 篤 氏

 一昨年(平成27年)労働基準監督署長を定年退職し、その後再任用で新任労働基準監督官の研修係みたいなことをしていましたが、それも1年でやめ、今は個人事務所を開いています。

 こんな世の中ですから労基署に対する期待は大きくなっています。そのため労基署の職員の業務は質量とも増加の一途で、減っているのは職員の数だけという状況です。いまや労基署長はストレスの塊と化しており、ストレスに耐える力がなければ、務まりません。そんな面倒くさい組織のしがらみから離れた「個人事務所」には一種の憧れがありました。…

筆者:中山労務安全衛生管理事務所 中山 篤

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月1日 第2285号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ