【“過労死ゼロ”を実現するために】第8回 対策の基本的考え方 過労死防止は喫緊課題 4つの対策に取り組む

2016.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 これまで、過労死等防止対策推進法(以下「法」という)の概要、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」(以下「大綱」という)の概要、各種統計からみた現状について紹介してきた。

 今回は、大綱に定められている過労死等防止対策の基本的考え方について説明したい。

 過労死等防止対策について、法では、①調査研究等、②啓発、③相談体制の整備等、④民間団体の活動に対する支援の4つを規定し、これら対策の基本的考え方として、大綱では、「当面の対策の進め方」と「各対策の基本的考え方」の観点から述べられている。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ