【ぶれい考】長時間労働是正の視点/野川 忍

2022.04.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

長時間労働是正の視点

 労働基準法によれば、使用者は労働者を、1日については8時間、1週間については40時間を超えて働かせると、刑罰が科される。このような厳しい規制は世界にも類をみないもので、制度だけみれば日本ほど労働時間を厳しく規制している国はない。それにもかかわらず、日本の長時間労働は過労死や過労自殺を恒常的に生み続けるほど深刻である。

 このギャップは、36協定さえ締結すれば青天井に近く労働時間を延長できることなどの制度的欠陥と、労働者が長時間にわたって業務に従事することが事業の基本形態としてビルトインされてしまっている日本企業社会の構造的問題とに要因がある。

 抜本的是正をめざして展開された働き方改革では、…

筆者:明治大学専門職大学院 法務研究科 専任教授 野川 忍

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和4年5月2日第3351号5面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。