【今週の注目資料】令和2年 新規学卒就職者の離職状況(厚労省)

2021.11.11 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

3年以内の離職率が減少

 就職後3年以内の離職率は、新規大卒就職者が31.2%で、前年比1.6ポイント減少した。短大卒も同1.6ポイント減の41.4%、高卒は2.6ポイント減の36.9%で、中卒は4.8ポイント減の55.0%と軒並み減少した。

 離職するまでの年数の内訳をみると、大卒者は1年目が11.6%、2年目が11.3%、3年目が8.3%だった。高卒者は、1年目が16.9%、2年目が11.9%、3年目が8.1%となっている。

 業種別では、大卒者の離職率が最も高いのは宿泊業・飲食サービス業で51.5%(同1.1ポイント減)だった。次いで、生活関連サービス業・娯楽業46.5%(同0.3ポイント増)、教育・学習支援業45.6%(同増減なし)、医療、福祉38.6%(同0.2ポイント増)、小売業37.4%(同1.9ポイント減)と続いている。

 高卒者の離職率が高い業種は、宿泊業・飲食サービス業61.1%(同3.1ポイント減)、生活関連サービス業・娯楽業56.9%(同2.8ポイント減)だった。

令和2年 新規学卒就職者の離職状況(厚労省)

この連載を見る:
令和3年11月15日第3329号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。