【安全・衛生マンの労働法令ファイル】動力プレス機械構造規格の一部改正

2011.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 プレス機械の構造規格が改正され、機械プレスのクラッチは、原則フリクションクラッチ式のものでなければならないとされたほか、両手操作式の安全プレスでは、不正操作を防止できる構造にすることが求められるなど、安全性の向上を目的としています。施行日は、平成23年7月1日です。

 動力プレス機械構造規格の一部を改正する件(平23・1・12厚生労働省告示第4号)(改正箇所は太字)

第1章構造及び機能
(一行程一停止機構)

 第1条 安衛法別表第2第11号の動力により駆動されるプレス機械(略)は、一行程一停止機構を有するものでなければならない。ただし、身体の一部が危険限界に入らない構造の動力プレスにあっては、この限りでない。
(急停止機構)…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年3月1日第2133号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ