【安全・衛生マンの労働法令ファイル】健康診断に基づき講ずべき措置指針

2011.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 事業主は、労働者の健康管理を適切に行うため、健康診断の結果から適切な措置を講じることが求められています。労働者が、業務上の事由によって、脳・心臓疾患を発症し死に至った場合、裁判になるケースは少なくありません。平成22年3月には、事業主が、労働者の病状について、主治医から意見を聴取していないとして高額の賠償が命じられた事案もあり要注意です。

健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針(平20・1・31健康診断結果措置指針公示第7号)

1 趣旨(略)
2 就業上の措置の決定・実施の手順と留意事項

(1)健康診断の実施

 事業者は、労働安全衛生法第66条第1項から第4項までの規定に定めるところにより、労働者に対し医師等による健康診断を実施し、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年1月1日第2129号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ