【産業カウンセリングの現場から】第169回 話し合い重ね信頼関係構築/野路 日出男

2018.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

企業全体で取り組む姿勢が必要

 実際に企業のなかで社員の復職支援を考えるとき、健康管理室の一員として産業カウンセラーの相談業務を担当するわけであるが、実務を進めるうえで保健スタッフの活動だけでは限界があり、いかに、企業全体で取り組む姿勢が必要であるかはいうまでもないことである。

 厚生労働省は2006年3月に、労働安全衛生法第70条の2第1項の規定に基づく指針として「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を出した。

 この指針のなかでメンタルヘルスケアの基本的な考え方として①心の健康問題の特性、②労働者の個人情報保護への配慮、③人事労務管理との連携、④家庭・個人生活などの職場以外の問題の4つの項目を提示している。この4つの項目はそれぞれが独立した問題ではなく、事例によって複雑に絡みあっている場合が多い。…

執筆:福井県労働基準協会 常務理事
シニア産業カウンセラー キャリアコンサルタント 野路 日出男

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月1日第2319号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ