【わが社の安全衛生活動は、今】トップ率先で意識改革 中小企業の強み生かした「即断即決」の安全管理/柳沢精機製作所

2011.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

製造現場での災害ゼロ目指す

 製造業に携わる企業において公害ゼロはもとより、火災ゼロそして労働災害ゼロを目指して日々の生産活動に従事している。

 特に製造現場では怪我といった目に見える労働災害に日々直面する位置づけにあり、重大な災害を発生させると経営の根幹を揺るがしかねない状況となる。災害に遭遇した当人は肉体的、精神的な苦痛を受けると同時に、家族や職場の人に対する打撃や負担が大きくおしかかってくる。

 当社ではこの労働災害ゼロを目指した活動を今日まで展開してきているが未だに通年を通して労働災害ゼロ未達成である。しかし除々に減少の一途を辿っていることには間違いない。

 以下に当社がこれまで実施してきた安全衛生活動について報告する。…

執筆:㈱柳沢精機製作所 専務取締役 大堀 孝

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年1月1日第2129号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ