【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】46 コミュニケーションエラーをなくすには

2021.04.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は専門工事業者です。きちんと仕事に関連する内容を伝えているつもりですが、安全・作業に関する指示が上手く伝わらず、「言ったはずではないか」と苦慮しています。全ての作業者に文書交付することはできません。どのような工夫をすれば、伝えたいことが伝わるのかを教えて頂きたくお願いします。

相手の顔を見て話をしましょう

 組織においても、個人間でも伝える側には、自分が言ったことはその通りに理解してくれる、あるいは理解できたはずだ、と思う傾向があります。そのように思うこと自体が実は誤解であると申し上げます。しかし、私たちには分かってほしいからこその誤解をしてしまう思い込みが誰にもあるのです。いくつかの団体で、御社と同じことが見られることから「伝達力向上」のための講座を行っていますので、その内容をいくつか紹介します。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年5月1日第2377号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ