【今週の注目資料】監理団体の許可と技能実習計画の認定取消し(厚生労働省)

2021.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

1団体と5社5人を処分

 法務省と厚生労働省は、技能実習生を受け入れていた監理団体1団体の許可を取り消した。また厚労省と出入国在留管理庁は5社5人の技能実習計画の認定を取り消している。

 許可を取り消したのは、協同組合宝(富山県射水市、白馬愛子代表理事)。同監理団体は傘下の実習実施者に監査・訪問指導・技能実習計画の作成指導を適切に行わなかった。

 技能実習計画の認定を取り消したのは、㈱青島工業(大阪府堺市、青島良一代表取締役)、㈱K.I.ステップ(千葉県千葉市、市川憲代表取締役)、㈱武田鉄工所(宮城県石巻市、武田信哉代表取締役)、㈲丸義組(愛知県名古屋市、村上雄二代表取締役)、㈲友華(岐阜県関市、伊佐地貢代表取締役)の5社と個人事業主5人。

 このうち4社は労働安全衛生法違反、ほか1社は計画どおりに賃金を払わず認定を取り消した。個人事業主は、1人を入管難民法違反で、4人を不正行為に対する通知に基づき処分した。

監理団体の許可と技能実習計画の認定取消し(厚生労働省)

この連載を見る:
令和3年2月8日第3292号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ