string(52) "/news/news_tag/%E9%AB%98%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E8%80%85/"
string(8) "news_tag"

『高年齢者』の労働関連ニュース

2017.05.03【安全スタッフ】
高齢者の安全対策で事例集 作業台を改善し負担軽減図る 中災防・先進企業10社示す

 中央労働災害防止協会はこのほど、「高年齢労働者の活躍促進のための安全衛生対策」を取りまとめた。高齢者の労働災害防止や身体機能の向上に役立ててもらうため、先進的に取り組んでいる企業10社にヒアリング調査を行い、安全衛生教育や転倒・腰痛防止対策、作業負荷の軽減などの優良事例を紹介している。ダイキン工業㈱では、業務用エアコンという大型の重量物……[続きを読む]

9528e5c4d0b2ddbaca9865c719248ee6_s
2013.03.25【労働新聞】
【今週の視点】「高齢法に抜け穴」は勇み足!?

「合理的期待」が優先 1年更新でも雇止め困難 「高年齢者法に抜け穴はあるのか」、人事担当者・社労士の間で、密かに危険な論議が交わされている。高年齢者を1年雇用で再雇用する際、更新基準として「契約満了時の業務量により判断する」などの条項を付すことができるか否かが問題の核心だ。この条件が飲めないのであれば、再雇用しないと迫られた場合、労働者に……[続きを読む]

2013.03.18【労働新聞】
警備業 高齢者の作業条件配慮を 労災防止へ手引作成 中災防

交通誘導時対策など示す  中央労働災害防止協会は、警備業における労働災害の増加傾向に歯止めをかけるため、企業が取り組むべき安全衛生対策を示した手引「警備業における労働災害防止のためのガイドライン」をまとめた。高齢の警備員による災害が多いことから、年齢や健康状態に応じた適正な労働時間の設定のほか、高所作業や深夜作業に従事させないなど高年齢……[続きを読む]

2013.03.18【労働新聞】
生涯現役社会実現へ検討会 厚労省・地域に貢献

 厚生労働省は、「生涯現役社会の実現に向けた就労のあり方に関する検討会」を設置した。2012年から65歳を迎えた団塊の世代が労働市場から本格的な引退過程に入ったため、地域社会に貢献できる就労支援対策の方向性を打ち出す。 同検討会では、高年齢者の地域活動に関する好事例集を整理するなどにより、地域のニーズと高年齢者のニーズを結び付ける仕組みの……[続きを読む]

2013.02.18【労働新聞】
【今週の視点】無年金者優遇は公平に反する!?

高齢者の賃金見直し 世代・男女間均衡に苦慮 改正高年齢者法の施行が間近に迫るなか、賃金・人事処遇制度の修正を検討する企業も少なくない。無年金第1世代の高年齢者に対しては、生活の安定に配慮した処遇を心掛けたいが、その1代前の高年齢者と比べ、バランスを逸するような対応は避ける必要がある。両世代の高年齢者・会社の「三方一両損」の解決法は、そうそ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ