string(43) "/news/news_tag/%E8%BE%B2%E6%B0%B4%E7%9C%81/"
string(8) "news_tag"

『農水省』の労働関連ニュース

2018.10.19【労働新聞】
業務改善助成金活用し賃上げを 農水省・セミナー

 中小企業が99.8%を占める食品関連業の働き方改革、生産性向上を推し進めている農林水産省は、東京都内で「稼ぐ力応援セミナー」を開催した=写真。企業の人事担当者などに労務管理のポイントを伝えている。 登壇した東京働き方改革推進支援センターの藤澤章子氏は、今月引き上がった最低賃金に関して注意を促した。最賃改定に伴って最賃割れになる可能性があ……[続きを読む]

2018.05.07【労働新聞】
手掛けやすい制度収載 働き方改革へ手引き 農水省

食品関連業の中小向けに 農林水産省は、中小企業が99.8%を占める食品関連業の働き方改革に向けたハンドブックを作成した。スキルマップの作成、時間単位年次有給休暇制度の導入など手を付けやすく、時間を掛けずに実施できる対策を盛り込んだ。取組みが遅れている、あるいは労使で取組み状況に差のある項目の確認に向け、チェックリストを収載。「職場環境を改……[続きを読む]

2018.01.17【労働新聞】
働き方改革検討会設置 年度内にガイドライン策定 農水省

人材確保対策を記載 繁閑差活用した複業例も 農林水産省は、政府が進める働き方改革を農業でも進めるため、検討会を立ち上げた。このほど開いた初回の席上で委員は、「まずは農業法人の経営者の意識改革が重要」との意見で一致している。今後、人材確保・定着に関する課題および対策のアンケート調査などを行い、年度内にガイドラインをまとめる方針。繁閑差を活用……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ