『労働安全衛生マネジメントシステム』の労働関連ニュース

2020.03.10 【安全スタッフ】
【ズームアップ】コンサルの有無に違い コスモスとISO45001で見解

 建設業労働災害防止協会では、労働安全衛生マネジメントシステム規格ISO45001と、その内容に合わせた新基準を盛り込んだ「コスモスガイドライン」の違いに関する問合せが多いことから、今般それぞれの特色を明らかにした「一考察」を発表した。最大の違いは「コンサルティングの有無」にあると指摘。後者は、システムや安全衛生水準向上を目的としたアドバ……[続きを読む]

2020.03.08 【安全スタッフ】
トップと現場一体の安全衛生体制へ ISO45001認証を取得 明電舎

 (株)明電舎は、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の国際規格である「ISO 45001」の認証を取得した。外部認証機関である(株)日本環境認証機構(JACO)が2月27日、明電舎本社で登録証授与式を行った。認証の範囲は明電舎同社沼津事業所、太田事業所、名古屋事業所、甲府明電舎の4事業場。2016年に前身となるOHSAS 18……[続きを読む]

2020.03.05 【労働新聞】
安衛国際規格の45001取得 明電舎

 ㈱明電舎(三井田健取締役社長)は、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の国際規格である「ISO45001」の認証を取得し、2月27日に登録証授与式を東京都品川区の本社で開催した=写真。  同社は国内4拠点でそれぞれOHSAS18001と呼ばれる安全衛生に関する認証を得ていた。今回のISO45001は会社として取得したもので、今……[続きを読む]

2020.01.31 【安全スタッフ】
中小コスモス初めて認定へ 建災防

 建設業労働災害防止協会は、土木一式工事業などの大高建設㈱(富山県)に、「コンパクトコスモス認定証」を交付した。中小企業向けのコンパクトコスモス認定の第1号となる。  同社は、黒部渓谷の山岳現場の過酷な環境下で、独自の安全衛生マネジメントシステムを構築し、労働災害防止に努めてきた。  今回のコンパクトコスモスの導入で、PDCAを確実に運用……[続きを読む]

2019.12.10 【労働新聞】
安衛教育の徹底へ 来年4月まで促進運動 中災防

 中央労働災害防止協会は、来年4月30日までを活動期間とする「安全衛生教育促進運動」を開始した。新入社員に対する雇入れ時教育や職長教育、危険有害業務の新規従事者への特別教育など法定教育の徹底のほか、増加が見込まれる特定技能外国人などを対象にした分かりやすい安全衛生教育の実施を促している。  各企業は…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ