コスモスで新たに3社認定 安衛水準向上の取組み評価 建災防

2021.05.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は4月21日、(株)川嶋建設(兵庫・豊岡市)、東和産業(株)(山口・周南市)、日本国土開発(株)東京支店(東京・港区)の3社に建設業労働安全衛生マネジメントシステム(コスモス)の認定証を新たに交付した。認定は、同協会の定めるガイドラインに基づいてコスモスを運用していることを証明するもの。川嶋建設のコスモスは、現行の安全衛生管理の仕組みと様式を活用してスムーズにシステムを移行し、店社と作業所が一体となって運用している点が特徴。従業員数12人の東和産業は小規模企業向けのコンパクトコスモスの認定で、元請工事を対象に本社と作業所によるPDCAサイクルで安全衛生水準向上を目指している。4月21日現在、建災防のコスモス認定を取得している建設事業場の数は134件(114社)となった。

メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ