『いじめ』の労働関連ニュース

2021.07.27 【労働新聞】
いじめ相談が最多 民事紛争の23%占める 2年度

 厚生労働省は、「令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめた。総合労働相談件数は129万782件で、13年連続100万件を超え、高止まりしている。民事上の個別労働紛争相談件数の22.8%が「いじめ・嫌がらせ」関連だった。  総合労働相談のうち労働基準法などの…[続きを読む]

2020.12.11 【安全スタッフ】
「コロナで人格否定」も Q&A追加し周知要望 厚労省・パワハラ該当の可能性

 新型コロナウイルス感染症に関連したいじめ・嫌がらせなどが職場で発生しているとの声を踏まえ、厚生労働省は過去に新型コロナウイルスに感染したことを理由に人格を否定するような言動はパワハラに当たるとしたQ&Aを特設ページに新たに追加した。経団連や連合などの各労使団体に対し周知に協力するよう通知している。  追加されたのは労働者向けのもの。「職……[続きを読む]

2020.08.20 【労働新聞】
いじめ8年連続最多 労働相談は5万件超に 神奈川労働局

 神奈川労働局(園田宝局長)は、令和元年度の個別労働紛争解決制度の施行状況をまとめた。総合労働相談件数は前年度比5.0%増の5万7143件に上り、5年連続で5万件を超えて高止まりしていることが分かった。  そのうち、民事上の個別労働紛争の相談は…[続きを読む]

2020.07.31 【労働新聞】
いじめ事案の急増止まらず 総合労働相談 厚労省

 厚生労働省は、令和元年度の個別労働紛争解決制度の施行状況をまとめた。総合労働相談件数は118万8340件で、12年連続で100万件を超えて高止まりしていることが分かった。相談内容別の件数では、「いじめ・嫌がらせ」によるものが急増している。  総合労働相談件数は、前年度比6.3%増加、助言・指導申出も9874件と前年度より0.4%増加に。……[続きを読む]

2020.06.26 【安全スタッフ】
評価表にパワハラを追加 防止対策法制化踏まえ 精神障害の労災認定基準改正 厚労省

 厚生労働省は、「心理的負荷による精神障害の認定基準」を改正し、「心理的負荷評価表」に「パワーハラスメント」の出来事を追加する見直しを行った。従来、上司や同僚などからの嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた場合には、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」の出来事で評価していたが、新たに「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラス……[続きを読む]

ページトップ