労働関連ニュース

2019.06.28 【労働新聞】
就活生の親向け説明会を初開催 福井銀行

 大学3年生の親向け会社説明会を初開催へ――㈱福井銀行(福井県福井市、林正博頭取)が発表したもので、8月4日に実施する。優秀な学生の確保に向け、親に対して職場環境などのアピールを行う。  説明会の内容は、働きがいや働きやすさのアピールと、職員との座談会形式での意見交換とした。現在推進中の本店移転プロジェクトや、導入している福利厚生施策を丁……[続きを読む]

2019.06.28 【労働新聞】
会社越え人財活用 中期政策ビジョンを策定 JR連合

 JR連合(荻山市朗会長)は、第28回定期大会で、将来や5年後のあるべき姿と実現に向けた提言などを示した2019~23年の中期労働政策ビジョンを公表した。  同ビジョンでは、利用者・労働者の安全を大前提としつつ、①雇用・労働、②賃金、③賃金以外の労働条件・制度、④グループ会社全体における労働条件のあり方について、めざす姿、達成に向けた会社……[続きを読む]

2019.06.28 【労働新聞】
コンクリ塊に激突して死亡 新宿労基署・送検

 東京・新宿労働基準監督署(金田文人署長)は労働者の立入区域を設定しなかったとして、㈱荒井興業(東京都八王子市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。東京都中野区内のマンション新築工事で平成29年4月5日、杭打作業で発生したコンクリートの塊を、ドラグショベルを使って一時的に仮……[続きを読む]

2019.06.28 【労働新聞】
荷役の記録義務化 自動車運送業で規則改正 国交省

 国土交通省は、貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正し、トラックドライバーが行った荷役作業や附帯業務について、乗務記録に記載するよう義務付けた。ドライバーの長時間労働の是正が目的。  トラック運送業では、長時間の荷待ち時間や、荷主との契約に定めがない荷役作業などの発生によって当初の運行計画どおりに業務が進まず、労働時間等の改善基準を超過す……[続きを読む]

2019.06.28 【労働新聞】
障害者の就職最多に 法定雇用率引上げが影響 ハローワーク紹介状況

 ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で増加し、過去最多に上ったことが、厚生労働省の「平成30年度障害者の職業紹介等状況」で明らかになった。精神障害者の就職件数が大幅に増加し、全体を押し上げている。  全国のハローワークを通じて就職したのは過去最多の10万2318件で、対前年度比4.6%増加した。厚労省は「平成30年4月の法定……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ