部長は月4時間まで 部下への指示で上限 明治

2019.06.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 食品大手の㈱明治(東京都中央区、松田克也代表取締役社長)は、国内5つの支社における課長以上を対象に、社内の定例会議において部下へ指示を出す時間に上限を設けた。一部支社で昨年10月から半年間テストした結果、時間外労働が3割削減できたなどの効果が挙がっていた。

 定例会議で部下への指示に費やせる時間の1カ月当たり上限は、支社長から部長への指示が2時間とした。部長から課長が4時間、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月1日第3215号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ