資格取得へ長期訓練 氷河期の非正規に照準・厚労省

2017.02.14 【労働新聞】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 厚生労働省は平成29年度、公共職業訓練(委託訓練)において非正規雇用労働者の正社員化実現コース(仮称)を創設する方針である。

 従来まで能力開発機会に恵まれなかった非正規雇用労働者(ハローワークへ求人登録が必要)を対象に、国家資格の取得をめざす長期の訓練コースを新設・拡充し、高い可能性で正社員就職に結び付けていく考え。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年2月13日3100号1面

あわせて読みたい

ページトップ