初の”イクじい”制度取得者誕生 サタケ

2017.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 食品産業総合機械製造販売業の㈱サタケ(広島県東広島市、佐竹利子代表、1000人)は今年度から、祖父母が孫の誕生に際し、家事や育児の支援を目的に、出生当日を含めて連続3日の特別年休を付与する「イクじい・イクばあ休暇制度」を始めている。このほど初めて「イクじい」が誕生した。

 同休暇制度を取った宗貞健執行役員広報室長(写真)は長女の第3子出産に合わせ、年次有給休暇4日と合わせて7日間連続で休み、孫2人の面倒をみた。「多くの男性社員が育児を経験し、子育ての大変さを痛感してもらいたい」と話している。

(関連記事 【追跡レポ】サタケ/仕事と家庭の両立支援 不登校対策で”ストック年休”  平成28年10月31日3086号15面 )

関連キーワード:
平成29年2月6日第3099号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ