週休2日確保考慮へ 時間外上限規制が視野に 働き方改革で発注者向け指針 国交省

2020.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省の全国営繕主管課長会議は、発注者として留意すべき事項を取りまとめた「働き方改革に配慮した公共建築設計業務委託のためのガイドライン」を新たに作成した。適正な履行期間の設定について、建築物の規模や用途、設計の難易度・複雑度、事業の特性などに加え、週休2日の確保、祝日、年末年始、夏季休暇などによる不稼働日を考慮することが明記された。手戻り防止のための設計業務プロセス管理では、受発注者間で設計業務の進捗状況を的確に把握・共有し、遅延の有無を確認するなどにより、設計の手戻り防止に努めるとした。罰則付き時間外労働規制への対応が念頭にあるという。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年12月15日第2368号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。