年収ベース引上げ 経団連が17交渉方針

2017.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、経営労働政策特別委員会報告を明らかにした。17春季労使交渉においては、自社に見合った「年収ベースの賃金引上げ」を前向きに検討するとした。

 年収ベースの賃金引上げに当たっては、定期昇給や賃金カーブ維持分などの制度昇給、水準自体を引き上げるベースアップ、賞与・一時金の増額、諸手当の見直しなどが柱となる。ベースアップは、全社員・定率の実施に限らず、消費性向の高い子育て世代、組織への貢献が大きい優秀層への重点的実施など様ざまな方法も検討するよう求めた。労使の話し合いを通じ実情にかなった方法をとる必要がある。

関連キーワード:
平成29年1月30日第3098号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ