建設工事現場の労働環境を視察 三原厚労副大臣

2020.11.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の三原じゅんこ副大臣は10月15日、横浜ゲートタワープロジェクト建設工事現場(施工:鹿島・鉄建建設・小俣組JV)を訪問した(写真)。労働基準監督署の監督指導先となる事業場を知るための視察で、高所作業車を使った安全な高所作業と脱輪防止措置、開口部に設けた足場、現場ルール10カ条など、現場の労働災害防止対策について杉本健太郎所長(鹿島建設)から説明を受けた。

 視察後、「安全を第一に考えており、現場内がきれいで皆さんが動きやすく考えられている」と感想を述べた。

関連キーワード:
2020年11月15日第2366号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ