【今週の視点】転職行動どう変わるか? 給付制限を見直し

2020.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

自己都合の積極面評価

 雇用保険の給付制限の仕組みが、令和2年10月1日から変更された。従来、重責解雇による場合も自己都合退職による場合も、3カ月の給付制限を経た後、基本手当を支給する運用だったが、自己都合に限って制限期間が2カ月に短縮となっている。改正の効果は2年後に検証の予定だが、被保険者の行動にどのような影響を及ぼすか注視したい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月2日第3279号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ