【今週の視点】エージレス社会に一歩前進

2016.04.18 【労働新聞】

働いて当然の世代へ 65歳以上も雇保被保険者

 このほど成立した雇用保険法の改正(平成28年3月31日公布)により、65歳以上の雇用者を対象とする「高年齢被保険者」という資格区分が創設された。65歳以上の入職者に対して加入を義務付け、将来的には保険料も徴収する。年金との調整制度は現状維持だが、高年齢者の雇用対策は、「65歳まで希望者全員雇用」から「65歳超の就業機会の確保」に重心が移行しつつある。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月18日第3061号7面

あわせて読みたい

ページトップ