設置40年以上経過が多数 鉄鋼業の設備 厚労省が分析

2017.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、鉄鋼業における「経年設備」の自主点検分析結果をまとめた。設置から30年以上経過した設備が約2万3000あり、そのうち77%は40年以上経っていることが判明した。

 設備の劣化状況をみると、著しく劣化しているのが12%、劣化なしと判定されたのは72%となっている。とくに、野外に設置されている設備の劣化度がめだつ。労働災害の発生は、劣化が進んでいる設備数に比例する傾向がある。

関連キーワード:
平成29年1月23日第3097号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ