店舗・施設の安全対策強化 小売業や飲食店 厚労省が推進運動

2017.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

パート アルバイト 運動期間は、平成29年1~12月の1年間。主唱者の厚労省は、業界団体への協力要請を行うほか、特設サイトを通じた情報提供を行う。サイトでは、災害事例や対策の好事例などを発信する。

 同運動の実施者となる企業の本社・本部は、傘下の店舗全体の災害発生状況の把握・分析や、安全衛生方針の作成・周知を行う。店舗などの安全衛生担当者への教育実施や、安全に配慮した作業マニュアルの作成にも取り組むこととした。

平成29年1月16日第3096号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ