コロナ禍受けた企業対応を紹介 健康経営会議

2020.06.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会や㈱NTTドコモなどが応援団として参画する健康経営会議は、コロナ禍で浮上した課題に関する企業の取組みをまとめた。㈱ワコールなど5社の事例を紹介している。

 同社では今年1月、社員が自身の身体の状態を知って健康維持・向上に取り組めるよう独自の体操を作成。足の筋力、脳への刺激、関節の可動性、呼吸――の4観点を重視して作られている。コロナ禍で在宅勤務を推進するなか、運動不足解消やリフレッシュのために実施を促している。

令和2年6月22日第3262号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ