請負額500万円以上が対象 建設業の働き方改革促進へ 閣議決定

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

短工期禁止の勧告で

 政府は、著しく短い工期による請負契約の締結を禁止し、違反者に対して勧告などの措置を課すことなどを目玉とする「建設業法及び公共工事の入札及び契約の適正化促進に関する法律」が10月1日から施行されるのを踏まえ、同法施行令の改正を閣議決定した。著しく短い工期による請負契約の締結禁止の対象となるのは、請負代金500万円以上の建設工事で、建築一式工事は請負代金1500万円以上となる。併せて、監理技術者の専任義務の緩和では、一定の要件を満たす者を補佐として置く場合に限り、監理技術者が兼任できる現場の数を2とするという。長時間労働の抑制などを図る枠組みの強化により建設業の働き方改革を後押ししていく。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ