付随的業務を類型化 派遣の専門26業務で 閣議決定

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府はこのほど、「規制・制度改革に係る方針」を閣議決定した。派遣労働の専門26業務における「付随的な業務」に疑義が生じているため、基本的考え方の明確化と類型化を、平成24年度中に実施する方針である。

 類型化は、都道府県労働局に対する照会の多い事例を収集したうえで行う。必要に応じて「労働者派遣事業関係業務取扱要領」を見直すとした。

 24年度下期からは、専門26業務に該当するか否かによって派遣期間の取扱いが異なる現行制度について、派遣労働者や派遣先事業主に分かりやすい制度となるよう見直しへ向けた検討をスタートさせる。

関連キーワード:
平成24年8月13日第2884号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ