「分厚い中間層」復活を 雇用創出や質向上で 再生戦略 閣議決定

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年休取得率は70%に

 政府は、雇用創出、労働の質向上、人材教育の強化などを通じて「分厚い中間層の復活」をめざすとした「日本再生戦略」を閣議決定した。重視すべき対策として、若年者を取り込んだ成長実現、女性の活躍促進、グローバル人材の育成などを提起している。2020年までに、20~34歳の就業率77%、25~44歳の女性就業率73%、年次有給休暇取得率70%、日本企業マネジメント層の国際経験を東アジアトップレベルに引き上げるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年8月27日第2886号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ