リモート支援へ一律13万円支給 LMG・新型コロナ対策

2020.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱ラバブルマーケティンググループ(=LMG、東京都中央区、林雅之代表取締役)およびグループ各社は全社員に対し、新型コロナウイルスの感染拡大防止や継続的なリモートワークの実施に向けた補助金13万円を支給する。同社では3月から、業務を原則リモートワークにしていた。

 補助金の内訳は、リモートワーク補助に相当する部分が3万円で、デスクワーク環境整備のほか、ベビーシッターサービスの活用を想定している。残り10万円は新型コロナウイルス対策費用と位置付けており、マスクやアルコール消毒液の購入に充ててもらう。領収書の提出は求めていない。

令和2年4月20日第3253号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ