メンタルヘルス 社内相談窓口を設けてサポート 厚労省・セミナー

2020.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、「職場のメンタルヘルスシンポジウム」と題したセミナーを東京都内で開催した。事例発表として総合建設業の㈱松下産業(東京都、234人)が登壇し、中小企業でも可能な職場環境改善のポイントを説明している=写真

 同社は、社員のワンストップ相談窓口として、「ヒューマンリソースセンター」を設置している。キャリアやメンタルヘルス、家庭生活、健康管理に至るまで総合的にサポートする。

 同センターを設けてから新規のメンタルヘルス不調者は発生していない。組織構成上、ラインから外して実質的な権限を付与しているため、各部署の事情に左右されない中立的な判断ができるのがポイントという。

令和2年3月16日第3249号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ