健康増進講習など開き認定 近畿経産局・中小組合

2020.03.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 近畿経済産業局は、大阪府内に事務所を有する中小企業組合の中から他の団体の参考になる特色ある取組みを行う7組合を「キラリと光る! 中小企業組合」に認定した。同認定は初の試み。2月19日に賞状授与式を開いている=写真

 選ばれたのは、大阪金物団地協同組合、大阪機械卸業団地協同組合(いずれも東大阪市)、大阪府電機商業組合、協同組合大阪舶来マート(いずれも大阪市)など。

 このうち大阪金物団地協同組合では、組合員各社において課題となっていた従業員の健康維持に向けて健康増進セミナーを開催。団地内における事業継続計画(BCP)を策定したり、防災拠点となる組合会館の建替えを実現するといった取組みも行っている。

令和2年3月16日第3249号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ