中小の魅力発信 専門用語避け学生に話して 近畿経産局・報告書

2019.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 近畿経済産業局は、「学生に響く中小企業の魅力発信」と題したレポートをまとめた。約1300人の学生と約130社の中小企業から得たアンケートの回答をベースに取りまとめたもの。

 それによると、学生の中小企業志向は女性の方が高いものの、企業側は女性への重視度が高くないと指摘した。女性へのアプローチ方法の改善や社内制度の整備を進めれば、優秀な人材の確保につながるとしている。

 自社の魅力を伝える際は専門用語や社内用語を避けるべきとした。

平成31年1月14日第3192号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ