風邪症状社員に休暇取得勧奨を 新型肺炎・基本方針

2020.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を作成した。企業に対して、風邪症状などを有する職員への休暇取得勧奨やテレワーク、時差出勤を「強力に呼びかける」よう求めている。

 イベントなどの開催に対しては、一律の自粛要請をするものではないが、感染拡大防止の観点から開催の必要性を含めて検討すべきとした。

 感染の現状は、水際対策から小規模患者クラスター(集団)の発生防止に移っている。今後の健康被害を最小限に抑えるうえで「極めて重要な時期」と指摘した。国、医療機関、事業者などが一丸となって対策を進めていく必要がある。

令和2年3月9日第3248号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ