職安法遵守アピール 医療紹介で「宣言」制度 厚労省

2020.02.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、医療・介護などの分野における優良な職業紹介事業者の利用を促進するため、「医療・介護・保育分野適合紹介事業者宣言」制度を開始した。同分野の有料職業紹介を行う事業者自身が、職業安定法と同法に基づく指針を遵守することを宣言するもの。宣言した事業者は、厚労省が運営する「人材サービス総合サイト」に適合宣言事業者として登録する。

 同分野の職業紹介をめぐっては手数料の高さや紹介された就職者の早期離職が問題視され、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月24日第3246号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ