6年ぶりに要求額増 サービス連合

2020.02.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 サービス連合(後藤常康会長)は、次の春季労使交渉で、ベアとして1.0%以上の実質的な賃金改善に取り組む方針を示した。14年以来0.5%以上としてきた基準を引き上げる。

 パート労働者などに関しては、地域別最賃の最高引上げ額に1.0%以上の実質的な賃金改善分を加えた時給30円以上の改善をめざす。

令和2年2月3日第3243号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ