【特集1】潜むリスクを漏れなく管理 登録システムで進捗状況可視化 危険源把握し災害未然防止へ/IHIエアロスペース

2019.12.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

IHIエアロスペース富岡事業所

 ㈱IHIエアロスペース(本社:江東区、従業員数約1000人)は、10年以上にわたってリスクアセスメントで災害の芽の摘み取り、事業所内の安全確保に精力的に取り組んでいる。主要工場である富岡事業所ではリスク登録システムを構築し、データベースによる対策の進捗状況の可視化、承認手続きでリスクを漏れなく100%の管理を進めている。一度きりの試験作業も、事前審査で安全を確保。教育との相乗効果によって、事業所内の安全意識は向上している。

1件の休業災害がきっかけに

 ロケット開発の総合メーカーとして、国内の宇宙開発に貢献する㈱IHIエアロスペース。現在は、小型衛星の打ち上げに使われるイプシロンロケットやH-ⅡAロケットのブースター、航空機エンジン部品などの開発、製造を行っている。

 製造拠点である群馬県の富岡事業所で、リスクアセスメントの取組みが本格的に始まったのは10年以上前の2008年にさかのぼる。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年1月1日第2345号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ