5億円弱不払い発覚 残業代の計算ミス セブンイレブン

2019.12.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱セブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦代表取締役社長)は、フランチャイズ加盟店の労働者を含む時給勤務者に対して支払っていた残業代の一部が不足していたことを明らかにした。残業代の算定基礎となる2つの手当について、1.25倍で計算すべきところを0.25倍で算定していた。

 問題となったのは、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和元年12月23日第3238号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ