【賃金事例】セブンイレブン/“正しい行動”を40項目で確認 店舗支援職に新評価

2020.10.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

プロセス重視し成長促す

 コンビニ大手の㈱セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦代表取締役社長)は今年3月、本部とフランチャイズオーナーを結ぶ職種である「オペレーション・フィールド・カウンセラー(OFC)」に関する人事評価制度を改定した。プロセス面に重点を置き、「正しい行動による成長」をめざす。新たに採用した「個店行為計画評価」により、担当する商圏の状況を適切に把握できているか、オーナーと店舗運営に対するビジョンを共有できているか――など合計40項目を「〇」「×」形式で確認していく。賞与に反映する際も、売上げなどに関係する定量評価の割合を従来の4割から2割に引き下げた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年10月12日第3276号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ