安衛関係届出等 ウェブ上で作成 厚労省がサービス

2019.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、12月からインターネット上で労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)が作成できる「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」を開始した。同サービスは、労働者死傷病報告(休業4日以上)、定期健康診断結果報告書、心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書(ストレスチェック)、総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告の4つの安衛関係の届出・申請が対象。

 労基署へ提出する書面を作成する際に、誤入力・書類の添付忘れを防ぐとともに、過去の保存データを用いて共通部分の入力が簡略化できる。事前申請や登録は不要。

 ただし、申請・届出をオンライン化するものではない。

令和元年12月16日第3237号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ