安衛法上の健診10月まで実施を 厚労省・通達

2020.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は緊急事態宣言の解除を受け、実施の延期を認めていた労働安全衛生法の健康診断について、10月末までに行うことを原則とする内容の通達を出した。6月末までに実施義務がある雇入れ時健診と定期健診が対象となる。

 特殊健康診断については、原則として延期せず、いわゆる三密を避け、十分な感染防止対策を講じた上で実施することとした。ただし、十分な感染防止対策ができない場合は、同じく6月末までに実施義務があるものは、10月末までに行えば良いとしている。

 緊急事態宣言が再度出た場合についても、延期を認めるのは6月末までに実施義務があるもののみとした。

令和2年6月15日第3261号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ