2交替病棟が前年比増加 5ポイント増え28% 利潤重視の経営を推察 医労連夜勤調査

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本医労連(山田真巳子中央執行委員長)による最新版「夜勤実態調査」の結果がまとまり、長時間夜勤の温床である「2交替」病棟が前年比約5ポイント増の28.0%となったことが分かった。それら病棟で働く看護職員のおよそ5割が16時間以上の長時間夜勤に就いており、次の勤務に就くまでの間隔は8時間以内がおよそ6割と最多。看護の手厚い「7対1」の入院基本料を取るケースは3交替より2交替職場の方が多く、ぎりぎりの看護体制で利潤を上げようとする経営戦略を推察している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ