「UIゼンセン同盟」に幕 UAゼンセン発足へ 140万人産別、11月結成

2012.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 UIゼンセン同盟(落合清四会長)は9月19・20の両日、「UIゼンセン同盟」の名称としては最後の定期大会(第11回)を名古屋市で開催(写真)し、JSD(日本サービス・流通連合=八野正一会長)との統合でつくる「UAゼンセン」の結成大会(11月6日)に提起する新機構案などの最終確認を行った。組合員総数およそ140万人を数えることになる新産別は、正社員と非正社員がほぼ同数、女性が過半数(57.6%)を占める予定。「製造産業」「流通」「総合サービス」の3部門制を敷いて運営する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月1日第2891号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ