2%基準要求決める UAゼンセン 一時金では経済委縮

2016.02.11 【労働新聞】
 153万6000人を数える連合傘下最大産別のUAゼンセン(逢見直人会長)は1月28日、東京都内で第4回中央委員会を開催し、今春闘で「2%基準」の賃上げを要求する方針を決めた。冒頭、連合事務局長を兼務する逢見直人UAゼンセン会長と島田尚信会長代行の2人が異例の挨拶。産別の実務に…
この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月8日第3052号6面

あわせて読みたい

ページトップ