正規・非正規のワークシェアを 自治労・徳永委員長

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 自治労の徳永秀昭中央執行委員長は、8月30~31日にかけて函館市で開いた第84回定期大会の冒頭、「正規職員と非正規職員のワークシェアリング(WS)が必要」と訴えた。非正規の処遇改善策として述べ、男女平等参画社会の実現にもつながるなどと話した。

 WSは、任期の定めのない短時間公務員制度創設と、非正規職員の雇用期限撤廃が必要とした。

関連キーワード:
平成24年9月10日第2888号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ