帝国ホテル労組の12春闘 一時金3.7~4.3カ月を要求 「人件費は原価」主張

2012.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

パートも付加価値の源と

 帝国ホテル労働組合(岡本賢治中央執行委員長)は2月22日、東京で第66期中央臨時大会を開催し、12春闘方針を決定した。一般社員は、定期昇給の実施と3.7~4.3カ月分の年間一時金、0.9~1.2カ月分の期末一時金を要求し、産別指標Aランク②の年収513~537万円(35歳)への15年度到達をめざす。08年以降大幅に下がった一時金の回復が中心。「人件費は付加価値を生みだす原価」との考えを昨年以上に主張する考えで、パートも付加価値を生み出す源泉と明確に謳って配分を求める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月5日第2863号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ