先進医療に見舞金 住友商事

2019.11.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 住友商事㈱(東京都千代田区、兵頭誠之代表取締役社長執行役員CEO)は、社員が保険適用外の先進医療などを受けた場合に「見舞金」を支給する新制度を開始した。万が一病気に罹患しても安心して治療に取り組み、早期復職や治療と就労の両立をめざせるよう支援する。

 見舞金の支給額は「非公表」(同社広報)としているが、1年ごとに上限を設定しているという。年をまたいで治療する場合に備えている。

関連キーワード:
令和元年11月11日第3232号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ