3時間を就業扱い 3大疾病罹患に備え チューリッヒ生命

2019.10.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 チューリッヒ生命(東京都中野区)は、3大疾病であるがん・心疾患・脳血管疾患に関する福利厚生制度を手厚くした。関連する検診を受診した場合、年間の自己負担額の半分(上限3万円)を補助する。

 罹患した場合に備えては3制度を用意し、治療と就業の両立を図りやすくした。1つ目は、働きながら通院する際の支援で、掛かった時間のうち1日3時間までを就業時間として取り扱う。

 2つ目は、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年10月14日第3228号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ